• ※案内チラシ・申込書はこちらLinkIcon
  • 会場地図はこちらLinkIcon
  • ※お申込みは電話またはFAX・メールよりお申込みください
  •    TEL 092-473-5646  FAX092-473-7182
  •    メールでのお申込みはこちらLinkIcon
  • ※案内チラシはこちらLinkIcon
  • ※参加無料。お申込みは不要です。(定員約150名)

炎症でつながる糖尿病と歯周病
~内科医の目からみた口腔感染制御の意義~

  • 講 師:西田亙先生
  •     にしだわたる糖尿病内科院長、糖尿病専門医、医学博士
  • 日 時:2017年11月4日(土)午後6時~8時
  • 会 場:九州ビル9階大ホー地図はこちらLinkIcon
  •     福岡市博多区博多駅南1-8-31 TEL092-461-1100
  • 参加費:会員および歯科衛生士無料
  •     会員外8千円
  • 会員外の先生はこの機会に是非ご入会下さい。入会案内はこちらからLinkIcon

  •  糖尿病と歯周病の関連性が着目されるようになった背景には、“炎症”というキーワードが存在します。歯周病は、細菌感染による慢性微小炎症がその本態ですし、糖尿病もまた肥大化した脂肪細胞が慢性炎症を引き起こすことが、原因のひとつであると考えられています。歯周病と糖尿病で起きている慢性微小炎症は、炎症性ホルモンの分泌を通じて、インスリン抵抗性をもたらし、結果として血糖値を上昇させます。
  •  この「炎症を通じて歯周病と糖尿病がつながっている」という事実は、医療従事者の間でもそれほど認知されていないように感じます。私自身、8年前に歯科の世界に出会うまでは、口腔内にほとんど興味はなく、口の中を診察した際に扁桃は観察しても、歯牙や歯肉、歯周組織に関しては全く意識することがありませんでした。“視れども見えず”の状態にあった訳です。
  •  しかし、「口腔は全身の窓である」ことを意識して診察するようになると、実に多くのことが見えて参りました。本日の講演では、様々な症例を通して口腔内の炎症、すなわち“口腔感染症”が命に関わるほどの事態を招いたり、歯周治療による“口腔感染制御”が、インスリンにも勝る劇的な効果を糖尿病治療にもたらし得ることをご紹介します。
  •  併せて2016年に糖尿病領域の医科歯科連携で誕生した、大きな変革についてもご紹介します。連携を推進するためには医科と歯科双方の理解と互尊が必要ですが、このためには口腔感染制御の意義を両者が理解することが鍵となります。

  • ※お申込みはFAX(092‐473‐7182)にて。お申込書はこちらからLinkIcon

2025年問題に向けての相続と事業継承

  • 講 師:黒河浄二氏
  •     株式会社トラスト 取締役副社長
  • 日 時:2017年11月11日(土)午後3時~5時
  • 会 場:協会会議室地図はこちらLinkIcon
  •     福岡市博多区博多駅南1-2-3 TEL092-473-5646
  • 参加費:会員およびスタッフ無料
  • 会員外の先生はこの機会に是非ご入会下さい。入会案内はこちらからLinkIcon

  •  相続や事業承継で大事なのは、被相続人(相続を行う側)の思いを大事に考えコンサルを行い税制優遇など控除や贈与を活用し、理解してその方に合った対策を考えて提案する事です。相続対策で、不動産投資で借り入れを起こすことにより資産の圧縮を図る話を良く聞きますが、慎重に行わないと結局、将来の相続人(相続を受ける側)が人口の減少に伴い入居率の問題で返済が厳しくなったり、修繕改修費の問題で逆に負の財産を残すというケースも考えられます。
  •  今回のセミナーでは、①遺産分割、②相続納税資金の確保、③相続財産の評価の引き下げを主に解説頂きます。
  •  講師の黒河氏は、開業医の先生方のクライアントさんも多く、財務コンサルタントからスムーズな事業承継に至るまで幅広く信用を得て、全国各地で「相続対策、事業承継」を主にセミナーを開催しています。皆様の参加をお待ちしています。

  • ※お申込みはFAX(092‐473‐7182)にて。お申込書はこちらからLinkIcon

有病者の治療の特性とインフォームド・コンセント

  • 講 師:安部喜八郎先生
  •     元九州大学病院特殊歯科総合治療部准教授
  • 日 時:2017年12月9日(土)午後6時~9時
  • 会 場:九州ビル9階大ホー地図はこちらLinkIcon
  •     福岡市博多区博多駅南1-8-31 TEL092-461-1100
  • 参加費:会員無料
  •     会員外8千円
  • 会員外の先生はこの機会に是非ご入会下さい。入会案内はこちらからLinkIcon

  •  超高齢者社会の真っ只中にある現在、歯科医療においてもその影響は甚大である。
     一般開業歯科を受診する60歳以上の患者さんの90%以上が何らかの全身疾患に罹患しているとの報告もあり、治療には患者さん個々にあった対策が不可欠となっている。
     今回の講演では、過去に2回ほど貴協会でお話しさせていただいた内容のおさらいをさせていただきます。また、治療にあたり患者さんへの十分な説明と理解・同意・選択の自由といったインフォームドコンセント(IC)についてお話しさせていただきます。ICのない治療はたとえその治療が成功していても違法であるという概念もあり、医科に比べ歯科ではICに対する意識が希薄な様に思われます。そこで歯科の特殊性を勘案した内容でお話しさせていただきます。皆様のお役に立てれば幸いです。

  • ※お申込みはFAX(092‐473‐7182)にて。お申込書はこちらからLinkIcon

軟組織・硬組織形成のための生体材料セミナー

  • 説明者:オリンパス テルモ バイオマテリアル株式会社
  • 日 時:2017年12月19日(火)午後8時45分~9時30分
  • 会 場:久留米シティプラザ中会議室地図はこちらLinkIcon
  •     久留米市六ツ門8-1 TEL0942-36-3000
  • 参加費:会員無料
  • 会員外の先生はこの機会に是非ご入会下さい。入会案内はこちらからLinkIcon

  • 日頃、以下のような疑問を感じたことはありませんか?
  •  ●吸収性や非吸収性の骨補填材、コラーゲン製の細胞新入材料や組織遮断膜など、
  •   いろいろな生体材料があるけれど、どうやって使い分けたらいいのか?
  •  ●どのようなときに使うものなのか?
  •  ●どうやって使ったらいいのか?
  •  ●注意しなければならないことは何なのか?
  • このような疑問をお持ちの先生方のために、生体材料セミナーを企画しました。
  • 是非ご参加ください。
  •  吸収性歯科用骨補填材「テルフィール(オスフェリオン DENTAL)」
  •  抜歯創用補填材「テルプラグ」
  •  人口粘膜「テルダーミス真皮欠損用グラフト」
  •  吸収性GTR膜「コーケンティッシュガイド」
  •  非吸収性骨補填材「ボーンジェクト」などについて
  •  1.製品概要、組成・性状、効能・効果、使用方法、注意など
  •  2.角化組織の増大、ソケットプリザベーション、GTR、骨伝導など

  • ※お申込みはFAX(092‐473‐7182)にて。お申込書はこちらからLinkIcon

「保険で良い歯科医療」の実現を求める署名にご協力ください

詳しく読むLinkIcon

集団扱火災保険
集団扱自動車保険

詳しく読むLinkIcon

JOY女医ふくおか♪
女性歯科医師の会


詳細はクリック


ここをクリックして下さい

  • 〒812-0016
  • 福岡市博多区
  • 博多駅南1-2-3
  • 博多駅前第一ビル8階
  • TEL 092-473-5646
  • FAX 092-473-7182
  • 月~金9:30~17:30
  • 土 9:30~13:00
  • 事務所地図はこちらLinkIcon