会員のための三大制度


休業保障共済保険LinkIcon 申込期間5月25日~9月15日 2017年12月1日加入
  病気やケガによる休業時に安心 最長730日保障、自宅療養でも給付、掛け捨てではありません

グループ保険LinkIcon 随時加入受付中
  お手頃な保険料で最高5000万円まで保障、平均23.7%の保険料を配当金として還元

保険医年金LinkIcon 申込期間9月1日~10月25日 1月1日加入 予約受付中
  予定利率1.259%、さらに配当がある年も。2015年度は配当があり1.469%となりました!


お問い合わせはこちらから

ご入会がまだの先生は、この機会にご入会ください。LinkIcon
※各制度の詳細はパンフレットをご確認ください。

休業保障

  • 病気やケガで診療を休まざるを得ない場合の給付制度です。
  • 少ない掛金で大きな保障が得られ、掛金が上がらないのも大きな魅力です。

  • *開業医…8口 勤務医…3口
  •  (給付額:入院1口8,000円/1日、通院1口6,000円/1日)
  • *入院、自宅療養、代診をおいても給付
  •  (天災などは給付の対象外)

  • *給付期間は最高500日+230日
  • *加入時の掛金が75歳の満期までかわりません
  • *掛け捨てではありません(3年以上)
  • *傷病給付金は非課税で他の制度の加入に関係なく給付
  • 毎月の掛金
    加入年齢 1口 3口 5口 8口
    ~29歳  2,500円 7,500円 12,500円 20,000円
    30歳~39歳  2,800円 8,400円  14,000円 22,400円
    40歳~49歳 3,000円 9,000円 15,000円  24,000円
    50歳  3,300円  9,900円  16,500円  26,400円
    51歳~54歳  3,300円  9,900円  16,500円
    55歳~59歳 3,700円 11,100円  18,500円 / 
  • 受給された方の声

  • 「受給してはじめてわかるありがたさ」
     30代で開業時、事務局の方の熱心なお勧めで加入に、月々の掛金がもったいないなと思ったこともありました。健康には人一倍自信がありましたが、自信過剰が招いたのでしょうか、3年前心臓病で10日間ほど入院することになりました。その時は5日免責のため給付も少なく「こんなもんかな」と、少々不満に感じたものです。
     ところが、再発したため受診、即入院・手術となり、余病の併発もあって、3カ月の長期療養を送ることになりました。患者さんのこと、従業員のこと固定経費の支払いのことが頭をよぎりました。
     今回は、1カ月ごとに給付金を送金してくださり、掛金の安さ(月額2万2400円)に比べて受取額が多く(入院約1カ月/166万4千円、自宅約2カ月/297万6千円)、休保委員の先生のアドバイスで、精神的にも本当にありがたく、助けてもらいました。
     健康なうちはありがたさが分からないものですが、若い先生に、ぜひとも入っておかれることを、身をもってお勧めします。(歯科会員)

グループ保険(生命保険)

  • お手頃な保険料で大きな保障が得られます。
  • 75歳まで継続加入できるのも大きな魅力です。
  • ・本人(歯科保険医協会会員に限ります)
  •      最高保険金額 5,000万円(65歳まで)
  • ・配偶者   保険金額 1,000万円


-制度の特徴-

 1. 割安な保険料で大きな保障が得られます。
   2. 75歳まで継続加入できます。
   3. 医師の診査はなく告知書扱いでご加入できます。
   4. 期間は1年です。
   5. 税法上の特典(生命保険料の控除)があります。
   ※募集開始日 随時ご加入いただけます。
   ※効力発生日 ご加入月により異なります。
   ※以後は1年毎に自動更新します。

保険医年金制度

  • 保険医年金の特徴は
  • ①最大30口(掛金1口1万円)まで加入できる大型年金で、
  • ②ご加入者自身がご自身のライフプランに合わせて加入でき、
  • その後の増口はもちろん、必要な場合には減口することもできます。
  • ・一口1万円から毎月積み立てることができます。
  • ・一時払い(一口50万円)での積み立てもできます。
  • ・税法上の特典(生命保険料の控除)があります。